山口を旅する

萩城城下町(世界遺産)

古民家カフェもお愉しみ。着物が似合う白壁の町

1604年に毛利輝元が萩城を築いて以来、中・下級武士の武家屋敷が軒を連ねた城下町。260年間にわたって36万石の城下町として栄えた町並みには、重厚な武家屋敷、夏みかんがのぞく土塀やなまこ壁、鍵曲など町筋が今なお残り、2015年7月世界遺産に登録されました。
特に、夏みかんの花が咲く5月は、甘酸っぱい香りにつつまれます。白壁にオレンジ色の実が彩る萩ならではの城下町の光景をぜひ、一枚撮影してください。
また、秋には、城下町の雰囲気を体感いただけるイベントが開催されております。特に、着物ウィークin萩は、思い出の一枚を残せる人気のイベントとなっております。
大谷山荘からの
アクセス
お車で約40分
地元民おすすめ情報

毎年10月上旬~中旬
着物ウィークin萩

毎年11月中旬
萩時代まつり

毎年2月3日~4月3日
萩城下の古き雛たち

※その他、菊谷家住宅では秋の特別公開もあり

住所 〒758-0077 山口県萩市南古萩町付近
駐車場 有り(有料:萩・明倫センター・萩博物館駐車場:普通車/1日310円、他)
ホームページ 萩市観光協会公式サイト ぶらり萩あるき 「萩城城下町コース」別ウィンドウ