山口を旅する

松陰神社(世界遺産の松下村塾あり)

世界遺産の松下村塾など吉田松陰の史跡の宝庫

吉田松陰を弔う神社として、明治40年(1907)伊藤博文らによって建立されました。
境内には、松陰が主宰した私塾「松下村塾」や松陰の遺墨や遺品類などを展示する「至誠館」、松陰の生涯をつづる「歴史館」などがあります。
松下村塾、吉田松陰幽囚ノ旧宅は、「明治日本の産業革命遺産」として1995年7月に世界文化遺産登録されました。
松陰神社は、東京(世田谷区)にもあります、萩の松陰神社には、御神体として松陰が終生愛用した赤間硯と父叔兄宛に書いた文書が遺言によって納められています。
住吉神社宝物館重要文化財、重要美術品などを展示しています。

大谷山荘からの
アクセス
お車で約40分
地元民おすすめ情報

8月4日 生誕祭
11月6日 玉木家祖先祭
10月27日 松陰神社秋季例大祭/松陰先生殉節の日

住所 〒758-0011 山口県萩市椿東1537番地
駐車場 有り(普通車/無料)
各種料金 大人300円、小人150円
営業時間・開館
時間など
9:00~16:00
休業日・定休日など 年末年始、5月の第3日曜、9/23、12/8~15
備考

宝物館を見学するには事前予約が必要です

ホームページ 松陰神社 ウェブサイト別ウィンドウ