山口を旅する

長門国一宮住吉神社(国宝)

三大住吉神社の1つ。九間流造の本殿は国宝

大阪、博多にある住吉大社とあわせて日本三大住吉のひとつ。
1370年大内弘世により建立の檜皮葺流造の本殿は、国宝にしておされており、その珍しい九間社流造(きゅうけんしゃながれづくり)はの美しさをご覧いただくことができます。
本殿の前にある『住吉神社拝殿』は、1539年に毛利元就の寄進により造営されたもので、国の重要文化財に指定されております。
歴代の武士たちが崇拝した住吉神社・長門国一宮は、大阪の住吉大社とは異なり、住吉三神(底筒男命、中筒男命、表筒男命)を第一殿に括って祀られており、荒魂(あらみたま)が祀られています。
当社の祭神は一つではなく、下記のようにをそれぞれお祀りしております。
第一殿: 住吉三神(表筒男命・中筒男命・底筒男命)
第二殿: 応神天皇
第三殿: 武内宿禰命
第四殿: 神功皇后
第五殿: 建御名方命

実は、長門湯本にある住吉神社も、温泉の神として、下関の住吉大明神を祀っています。

大谷山荘からの
アクセス
お車で約70分
地元民おすすめ情報

1月和布刈祭
※旧元旦

お田植祭
(5月第3日曜日)

秋祭
9月23日(日)

御斎祭/例祭
12月8日(土)~15日(土)

河渡祭
12月1日

住所 〒751-0805 山口県下関市一の宮住吉1丁目11-1
駐車場 有り(無料)
ホームページ おいでませ山口「住吉神社本殿」別ウィンドウ