1. TOP
  2. 大谷山荘だより
  3. 【山口観光】長門湯本温泉は紅葉の季節を迎えました

【山口観光】長門湯本温泉は紅葉の季節を迎えました

紅葉を見ながら湯本湯本温泉を散策。秋の旅をのんびり味わいませんか?

本日の長門湯本温泉の天気:晴れ、気温9.4~19.6度(2019年11月10日現在)。長門湯本温泉の紅葉も見頃を迎えております(上記画像は2018年11月7日撮影)。 昨年(2017年)より一週間ほど早いようで、11月に入り1週間程度で紅葉が広がりましたが、日中は天候もよくお散歩日和が続いており、散策にはおすすめの季節でございます。 本日は、山口県の紅葉の名所「大寧寺」の紅葉状況を写真で紹介してまいります。

大寧寺でご覧頂ける紅葉

  • 種類…イロハモミジ、イチョウなど約120本
  • 見ごろ…11月中旬~12月上旬 (ライトアップ/10月中旬~12月上旬・日没~22時30分)

山口県有数の紅葉の名所「大寧寺」の様子(大谷山荘より徒歩約20分)

大寧寺は、山口県内でも有数の紅葉の名所でございます。毎年、紅葉の時期になりますと、大寧寺川は撮影スポットとして賑わいます。大寧寺の正式名称は、瑞雲萬歳山大寧護国禅寺と言われ、曹洞宗のお寺です。今から605年前の室町時代(4代将軍・足利義持の時代)の開創で、活達磨(いきだるま)と称賛された石屋禅師が開祖。かつて西の高野と称され、全国より修行僧が訪れたといわれております。参道を奥にすすみますと、神社の鳥居が見えてまいります。大寧寺の敷地には、長門豊川稲荷神社を隣接しております。実は、寺院と神社が同じ敷地内にあることは全国的にも珍しく、明治政府の神仏分離令の際に神社廃止を逃れることができたのは、三条実美卿を手厚く保護していたことがご縁であるようです。また、大内義隆の最後の地としても有名で、大内義隆が自らの最後を悟ったといわれる姿見の池やかぶと掛けの岩がございます。その他、足利学校の再興に尽力した関東管領・上杉憲実の墓所、萩毛利家の永代家老の益田氏や重臣の児玉氏、宍戸氏などの墓所も多くございます。時代の流れとともに、栄枯衰退を重ねた古刹で歴史情緒に浸りながら紅葉を愛でる散策はいかがでしょうか?
taineijiautumn1 taineijiautumn2 taineijiautumn3
taineijiautumn4 taineijiautumn5 taineijiautumn6

 大寧寺の紅葉、見所ポイント

大寧川沿い:画像上左

紅葉の撮影スポットとして多くのカメラマンさんが集まります。大寧寺川は、音信川の支流で、ゲンジ蛍の発生地として国の天然記念物指定地でございます。

大寧寺本堂前と参道:画像上中央・右

本堂の前の紅葉ポイント。池には、鯉が泳いでおり、天気のよい日は、水面に映しだされる紅葉が素敵です。

釈迦三尊と十六羅漢像:画像下左

釈迦三尊を中心に、十六羅漢像が左右に配配置された珍しい光景。紅葉に彩られたお釈迦様をご覧いただけるのは、この時期だけです。

姿見の池、かぶと掛けの岩:画像下右

中世に栄華を誇った大内氏最後の当主・大内義隆の最後の地。重臣の陶氏の反乱により現在の山口市を追われ、大寧寺まで逃れてきた際、 乱れた髪を整えよう池の水面に姿を映そうとしました。しかし、水面に姿が映らなかったことより、自らの最後を悟り、お寺の本堂で自刃したといわれております。 かぶと掛けの岩と姿見の池は近くでご覧いただけます。

夕暮れ時から始まる紅葉ライトアップも情緒あり

青い空と紅葉のコントラストも素敵ですが、夕暮れ時、ライトアップされた紅葉も情緒がございます。日中とは異なり、色素が薄くなりつつあるもみじの葉ご覧いただけるのも感慨深いく、冬を迎える準備を整えていることを実感いたします。期間中は、日没から22時30分頃まで、大寧寺内がライトアップされます。夕暮れ時の17時頃もおすすめでございます。(画像は、17:00頃。山門前にて)

大寧寺ライトアップ情報

    • 期間…10月中旬~12月上旬
    • 時間…日没~22時30分

紅葉散策のお帰りは萩焼ギャラリーカフェ「café&pottery音」でひと休み

散策で歩き疲れた帰り道は、大寧寺より徒歩約8分。萩焼ギャラリーカフェ「café&pottery音」でひと息。オリジナルコーヒーは、萩焼をつくる水で淹れている他、萩焼・深川窯の若手作家のコーヒーカップでおたのしみ頂けます。萩焼・深川窯の若手作家さんのギャラリーになっており、日常生活でも使いたくなる可愛らしい一輪挿しやマグカップ、まめ皿、酒器もございます。ギャラリーの作品は、作家さんたちが直接器を配置されおり、作家さんたちの感性が伝わる個性的なラインナップは、見ているだけでも楽しめます。店長に話を伺いますと作家さんたちは「同じものを二度作るのが難しい」と言われるそうです。また、お客様の雰囲気に合せて器をセレクトしてくれる店長のあたたかさにもほっといたします。珈琲の他、店長メイドのガトーショコラやチーズケーキもおすすめです。 音信川沿いの立地をたのしめる置き座というテラスのような席もございます。ゆっくりと流れる音信川を眺めながら、萩焼に淹れた珈琲を味わってみてはいかがでしょうか?

店舗情報…café&pottery音

    • 場所:音信川沿い、大谷山荘より徒歩9分(下記マップ参照)
    • お店の最新情報:季節のイベントも開催されております。
    • 最新情報はお店のフェイスブックページ
 
taineijiautumn1 taineijiautumn2 taineijiautumn3
■本日の紅葉散策ルートまとめ

大谷山荘出発→(徒歩約21分/車で約5分)→大寧寺→(徒歩約13分)→café&pottery音→(徒歩約8分)→大谷山荘

その他、音信川沿いの散策ルート(約60分)もございます。>>詳細を見る