1. TOP
  2. 大谷山荘だより
  3. 【おふろの日イベント】2月6日はおふろの日感謝フェア開催!温泉入浴回数券50%オフ

【おふろの日イベント】2月6日はおふろの日感謝フェア開催!温泉入浴回数券50%オフ

11月26日に続き第二弾。2月6日は「おふろの日感謝フェア」開催

2月6日、温泉入浴10回券が半額(2万円→1万円)で販売

2月6日のおふろの日にちなんで「おふろの日感謝フェア」を開催いたします。 日頃の御愛顧に感謝を込めて、そして、600年前より今なお滾々と湧き出す長門湯本温泉の神様に感謝を込めた企画でございます。 多くのお客様に、長門湯本温泉の湯をご体感いただけますと幸いでございます。

 2月6日「おふろの日感謝フェア」概要

  • 内容:温泉ご入浴10回券50%オフにて販売(先着50セット)
  • 料金:通常20,000円→10,000円
  • 開催日程:2月6日(水)
  • 開催時間:11:00~(完売次第終了)
  • 開催場所:1階 フロント前 ※お一人様5セットまでお買い求めいただけます

「おふろの日」とは?

おふろの日は、日本のお風呂文化をユネスコの世界無形文化遺産登録を掲げ、活動する一般社団法人HOT JAPANが制定した記念日。 「ふろ」と読む語呂あわせが所以でございます。 当初は、日本のお風呂文化をより多くの人に知ってもらうためだったようです。 毎月26日のお風呂の日は、広く知られておりますが、実は、お風呂の日に関する記念日は以外と多いようです。 2月6日のお風呂の日の他、毎月26日の風呂の日、また、露天風呂の日6月26日などがございます。

 おふろの日リスト

  • 毎月26日 ふろの日
  • 2月6日  ふろの日
  • 4月26日 よいふろの日
  • 6月26日 露天風呂の日
  • 11月26日 いいふろの日
語呂合わせが始まり ということではありますが、 それだけ、私たち日本人にとって、お風呂は大切な存在なのかもしれません。  

長門湯本温泉の歴史と街について

それでは、長門湯本温泉は、どうでしょうか? 長門湯本温泉と湯本の街の歴史を少しだけ振り返ってみたいと思います。

 大寧寺にはじまる。由緒ある長門湯本温泉の特徴

600年前より今なお滾々と湧き出す長門湯本温泉。 室町時代より、湯治場として人々を癒やしてくれています。 江戸時代には、温泉の近くに「清音亭」というお茶屋が設けられており、 長州藩主も湯治に訪れた歴史がございます。 今も、源泉は大寧寺の所有でございます。

 長門湯本温泉の歴史

湯本温泉の歴史は、桜や紅葉のシーズンに多くの人で賑わう大寧寺と深くつながっております。 今から600年前、大寧寺の3代目の住職・定庵禅師の頃のお話。ある日、定庵禅師が月明かりの夜を寺の周りを散歩していると、石の上で座禅をしている老人に出会いました。 住職がその老人に名を尋ねると。、長門一宮の住吉大明神でした、その後、その老人は、住職の説法の席に通い、仏道を修め、住職より法衣を贈られました。その恩恵のお返しとして湯本温泉が湧き出たと言われております。それが、現在の「恩湯」でございます。 今でも、源泉は大寧寺の所有で、「恩湯」裏手には住吉の神様をまつる「住吉神社」がございます(上記写真)。 ※現在「恩湯」は、現在工事中。長門湯本温泉のまちづくりプロジェクトの一貫として、 今年11月に新たな「恩湯」としてオープンいたします。 新たな「恩湯」について知る 長門湯本みらいプロジェクトについて知る

 長門湯本温泉の泉質

  • アルカリ性単純泉 PH9.62
  • 神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、健康増進など
また、アルカリ性のお湯は、肌表面の古い角質や余分な皮脂を取り除いてくれるため、美肌の湯とも言われております。 お風呂上がりは早めにお化粧品での保湿をおすすめいたします。 >>大谷山荘の温泉大浴場について詳しく見る  
■温泉と一緒に、お昼はいかがですか?
「レストラン萩」のご案内

お昼のアラカルト料理をご用意いたしております。
地元の食材をつかったメニューもございます。
>>お昼のアラカルトメニューを見る
・場所:大谷山荘2階(お土産処「山茶花」隣り)
・お昼の営業時間:11:30~14:00(ラストオーダー13:00)

※アラカルトメニューは予約不要でございます。
2階「レストラン萩」までお越しくださいませ。
※その日のご予約状況により、お席にご案内できない場合や
お待ち頂く場合もございます。

冬の旅は道路状況が心配~というお客様へ

その日の道路情報をリアルタイムに入手いただける参考サイトをご紹介いたします。 どうぞ、旅づくりの参考にしてくださいませ。少しでもお役に立てれば幸いでございます。

もちろん、当日の長門湯本温泉の近隣情報は、どうぞお気軽にお問合せくださいませ。

【お問合せ】0837-25-3300(9:00~18:00)

>>各都市から大谷山荘へのアクセス情報を見る