1. TOP
  2. 大谷山荘だより
  3. 【萩焼】金子司先生の陶展「くさびら・くさぐさ」のご案内

【萩焼】金子司先生の陶展「くさびら・くさぐさ」のご案内

2月14日(木)より金子司先生の陶展がシンフォニア岩国にて開催

金子司先生の陶展「くさびら・くさぐさ」の詳細

萩焼のきのこアートで知られる、萩焼の陶芸家・金子司先生の陶展が、2月14日(木)より、シンフォニア岩国にて開催されます。それぞれ個性的な色、カタチをした「きのこ」たちはとても力強く、「きのこの世界」に思わず引き込まれてしまいます。観覧料金は無料ですので、ぜひ、期間中に足を運んでみてはいかがでしょうか。
  • 会期:2019年2月14日(木)~2月27日(水)
  • 開場時間:10:00~17:00(入場は16:30まで)※2月14日は15:00から開場、2月27日は18:30まで開場
  • 会場:シンフォニア岩国 企画展示ホール
  • 主催・お問合せ:山口県立萩美術館・浦上記念館

 会期中のイベントのご案内

●2月14日(木)15:00~ オープニングセレモニー 

水玉模様またはキノコモチーフを身に着けて来場すると、特製グッズがもらえます(数量限定)

●2月16日(土)14:30~15:30 岩国錦帯橋空港での作陶パフォーマンス

岩国錦帯橋空港ロビーへ

●2月17日(日) 10:30~12:00 ワークショップ(申込不要/参加無料)

一緒にキノコが作れます

●2月23日(土) 12:30~13:00、2月27日(水) 17:30~18:00 金子司先生によるトークイベント(申込不要/参加無料)

金子司先生による作品の解説を聞くことができます。

金子司先生の略歴

  • 1970年 山口県萩市生まれ
  • 2006年 インターナショナルコンテンテンポラリーセラミック滞在制作ワークショップ(アルゼンチン)
  • 2007年 「種々(くさぐさ)」山口県立萩美術館・浦上記念館(山口)
  • 2009年 カルロ・ザウリゲ美術館滞在制作ワークショップ
  • 2010年 きのこアート研究所展 広島市現代美術館(広島)
  • 2012-2016年 GARNI(シルバーアクセサリーブランド)とのコラボレーション
  • 2014年 マッシュハンティング個展 日本橋三越本店(東京)
  • 2015年 ミラノ万博 フォーリサローネ出品(イタリア)
  • 2015年 没後20年ルーシー・リー展 スペシャルグッズ製作
  • 2015年 銀座三越 個展’15.’16.’17.’18(東京)
>>陶歴の詳細はこちらでご覧いただけます

画像:金子司先生の工房にて

■お知らせ
金子司先生の作品は、大谷山荘2階「萩焼ギャラリー・金子みすゞコーナー」でもご覧いただけます。
・場所:大谷山荘2階「萩焼・金子みすゞコーナー」
・営業時間:平日 7:00〜11:00/15:00~21:30(11:00~15:00 休業)、土日祝 7:00〜21:30