1. TOP
  2. 大谷山荘だより
  3. 【山口のお土産】萩の陶芸家・金子司氏の器を入荷いたしました(6月)

【山口のお土産】萩の陶芸家・金子司氏の器を入荷いたしました(6月)

おうち時間をたのしむ器を探してみませんか?

梅雨をむかえ、しとしとと落ちる雫が草花を艶やかにみせる景色が見られるようになって参りました。
大谷山荘2階の萩焼ギャラリーでは、萩の陶芸家・カネコツカサ氏の工房にお伺いし、新しい器を仕入れております。ポットや小皿、ミニ花入れなど、おうち時間に彩りを添えてくれる作品でございます。本日は、その一部をご紹介いたします。(※画像はカネコツカサ氏の工房にて)

 

えらぶ楽しさ。自己流にアレンジする喜び。

なかなか外に出られずおうち時間を過ごしていると、普段使っている何気ない器や花入れなどを改めて眺めたり、お部屋の模様替えにチャレンジしてみることが多いのではないでしょうか。萩焼に鮮やかな装飾を施したカネコツカサ氏の作品には、日常にアクセントを与えてくれるデザインが豊富にございます。例えば、氏の独自技法「墨流し」を蓋に施した「ポット」は、取っ手の形や色がそれぞれ異なり、手作りならではの個性がございます。そして、個性を与えている蓋は、着せ替えが可能。同じ色で揃えたり、ビビッドなカラーを加えてみたり、入れ替えるだけで、全体がまったく異なる趣きに変化します。新たな仲間を加えることで、その日の気分でカスタマイズできる自由さもお愉しみのひとつです。

■萩焼の陶芸家カネコツカサ氏独自の技法

「墨流し」:濃度のある色の液をスポイトを使って色を置き、自然の流れと絶妙な振動で絵付けする方法
「点描」:濃度のある色の液をスポイトでとり、各色を一粒一粒隙間なく並べて絵柄にしてゆく方法。立体感を演出

 

飾って、盛り付けて、器から涼を感じる。

一歩ずつ近づく夏を、爽やかに過ごすために迎え入れていただけますよう、目でみて涼を感じる、淡くやわらかな色味を取り入れた作品も多く取り揃えております。外側全面に彩色を施した「コンポート」は、そのままオブジェとして飾ったり、フルーツやお菓子の器にしたり、愉しみ方が広がる作品です。カネコツカサ氏の遊び心ある器は、盛り付けてみて、気づく面白さがあり、料理の魅力を引き立てます。

(特別会席イメージ:カネコツカサ氏のプレート、箸置きを使用。)

 

また、片手に収まるサイズのかわいらしい「小皿」には、余白に涼しさを感じる放射状の文様や、水玉状の模様が描かれています。カネコツカサ氏の作品によく取り入れられる「きのこ」のモチーフからはなれたイメージがありますが、実はこのデザインも、同じインスピレーションから生まれた作品とのこと。よく見ると「きのこ」の傘の裏にも似ています。ひとつひとつ手にとってみて、お好みの一枚をお選びくださいませ。

(カネコツカサ氏の工房にて撮影)

 

何度も眺めたい器。暮らしの中にとけ込む萩焼を探して。

萩焼ギャラリーでは、陶芸家の先生の工房に直接お邪魔し、お話を伺いながら仕入れております。このたびも、旅の記念に残る器、これからの季節にぴったりな器、お客様にお喜びいただける作品をお届けできますよう、取り揃えてまいりました。すべての器は一点ものでございますので、一見同じように見えても、形、大きさ、質感など、それぞれ異なる景色がございます。店舗にお越しの際には、ぜひ手にとって、ひとつひとつ異なる器を確かめながら、お気に入りの器をお選びくださいませ。そして、山口の旅の思い出とともに、長くご愛用いただけますと幸甚でございます。

[今回、仕入れました器のリスト]

  • プレート
  • 小皿
  • 花入
  • ミニ花入
  • ポット
  • コンポート

>>金子司氏の陶歴を見る

■お取扱い店舗情報
金子司先生の作品は、大谷山荘2階の
「萩焼&金子みすゞギャラリー」にてお買い求めいただけます。
(場所:お土産処「山茶花」向い)